2015/02/05 マカオ政府高官、ゲーミング税率見直しに言及

マカオの経済財政司長Lionel Leong Vai Tacの談話によると、2020年~2022年にかけてマカオのカジノオペレーター6社のカジノライセンスが期限を迎えるが、それに備えて今年からゲーミング税率の見直しを行う予定であるという。マカオの現行のゲーミング税率は39%だが、CLSAのリサーチャー、アーロン・フィッシャーは43%程度に引き上げられる可能性があると述べている。

-- Delivered by Feed43 service

Comments are closed.