2015/01/14 Ultimate Gaming撤退の理由

アメリカのゲーミング関連に詳しいジャーナリストがUltimate Gamingがわずか19カ月でオンラインポーカー市場からの撤退を選んだ理由をこう分析している。第一に、現在の法律ではオンラインポーカーを認めている州の中でしか営業することができず、採算がとれるだけの十分なプレイヤーを集客することが困難であり、運営コストがかさんでしまうということ。次にスマホやタブレットの普及に伴うソーシャルゲーム市場の拡大。シーザーズ・インタラクティブの第3四半期のソーシャルゲーム売上は1億5,130万ドルに達した。スロットマシン大手のIGTが2012年に5億ドルで買収したDoubleDownは、同じく第3四半期に7,500万ドルの売上をあげている。この他にも、ソーシャルゲーム市場にはゲーム機器メーカーや既存のカジノオペレーターらの参入が続いている。

-- Delivered by Feed43 service

Comments are closed.