2014/12/08 ネバダ州の10月ゲーミング売上、4%ダウン

ネバダ州の10月のゲーミング売上は3か月連続で前年比マイナスだった。主な原因はバカラの不調によるものとみられる。中国系のVIP客が好むバカラは、テーブル数ではテーブルゲーム全体の6%程度に過ぎないが、売上では不振だった10月でも11%を占めている。バカラの売上を除外すると、ネバダ州の10月のゲーミング売上は前年比1.2%増、ストリップでは同5.6%増となることから売上の下降トレンドがバカラの影響によるものであることがわかる。

-- Delivered by Feed43 service

Comments are closed.