2014/11/19 シーザーズ、来年末に運営資金がショートするとの見通し

シーザーズエンターテイメントは証券取引所への報告の中で、現状では同社のメインユニットであるシーザーズエンターテイメント・オペレーティング(CEOC)のキャッシュフローが2015年末にも行き詰まる見通しであると述べた。2014年9月末時点でのグループの負債は255億ドル。2014年第3四半期末までにグループ全体の6割以上の売上を上げているCEOCは、このうち184億ドルの負債を抱えている。2015年に支払義務の生じる金額は24億7,000万ドルで、うち23億ドルを利息が占める。市場トレンドが下降気味であることを踏まえると、CEOCは2015年末にチャプター11(会社更生法)を申請しなければならなくなる可能性が高いという。同社のラブマンCEOは11月13日、6万8,000人の従業員の1%以下の人員削減策を含め、3億ドルの経費削減を行うと発表していた。

-- Delivered by Feed43 service

Comments are closed.