2014/09/11 MGMが日本でのIR構想を公表

9月4日に東京で開かれた「みずほインベストメントコンファレンス」で、MGMリゾーツインターナショナルのホーンバックル社長が日本でのIR構想について発表を行った。
それによると、MGMの考える日本のIRは、シンガポールやラスベガスのコピーではないユニークなものであり、その土地のランドマークとなるものを創造するのだという。
またIR施設ができる事によって、2020年の東京オリンピックの年に日本を訪れる観光客は、政府の目標である2,500万人に加えて、さらに500万人上乗せされると予想している。
プレゼンテーションの資料には「MGM OSAKA」と題した3つのイメージイラストも添えられていた。

-- Delivered by Feed43 service

Comments are closed.