2014/09/02 7月のラスベガスストリップのゲーミング売上、4.8%増

ストリップのゲーミング売上は5か月連続でプラスを維持。ネバダ州全体のゲーミング売上は0.65%増と微増に留まったが、今年最高の伸びを記録した6月の反動でマイナスに転じるのではとの恐れは回避された。
マッコーリー証券のアナリストは「2014年は今後も好調なトレンドが継続するが、2013年の8月、9月はそれぞれ前年比20%増、15%増と大幅な増加を記録しているため、ややハードルは高くなる」とみる。
ストリップのゲーミング売上の内訳では、およそ4分の1を占めるバカラが、前年比16%増と牽引役を果たしている。ユニオンゲーミンググループのアナリストは「ここ数カ月、中国のVIP客のラスベガス訪問が増加傾向にある。ストリップのバカラの売上好調と、軟調なマカオのVIPバカラ市場の間には関連がある」という。
いずれにせよ、ラスベガスの市場回復トレンドは今後も継続することが期待される。

-- Delivered by Feed43 service

Comments are closed.