2014/04/11 マカオのカジノ、中国人VIP客の直接勧誘に乗り出す

これまで売上の7割を占めるVIP市場については、全てジャンケット頼みだったマカオのカジノオペレーターの中には、自社でVIPとの取引を行うことにより、利益率を高めようとする動きが目立ち始めた。サンズチャイナを例によると、プライベートジェットやリムジン、豪華なスイートルームをVIP客に提供するなどしている。マカオゲーミング市場の外資への開放から10年以上が経ち、オペレーター側にもノウハウが蓄積したこと、中国の富裕層が海外資産などを保有し与信枠が確保しやすくなったことなどが背景として考えられるが、まだまだ海外の企業が踏み込める領域には限界もあることから、ジャンケットオペレーターが即座に姿を消すような流れにはなりにくいと考えられる。

-- Delivered by Feed43 service

Comments are closed.