2013/09/20 マカオのウェブサイト、借金を踏み倒した客のリストを公開

マカオやシンガポールのカジノでは、中国本土からの客がカジノで負けた金を返さずに帰国してしまうケースが少なからずあるが、中国本土ではカジノでの借金を取り立てる行為は違法のため、その対策としてジャンケット・オペレータを介して集客せざるを得ないのが実情となっている。マカオのWonderful World という2か国語ウェブサイトでは、借金を踏み倒して帰国してしまったギャンブラーの個人情報を顔写真とともに公開し注目を集めている。サイトの運営者によると掲載はジャンケット・オペレータからの投稿によるもので無料。時には懸賞金が提示されることもあり、この情報を元に貸付金を回収できた場合などにその一部を得るなどしているという。独自の回収ネットワークを持つ大手のジャンケット・オペレータの利用は少ないが、運営者はこれまでに800万ドルを回収したと語る。ただ、マカオ警察はこのサイトが法に触れる可能性があるとして調査を行っている模様。(現在は検索してもサイトはヒットしません。)

-- Delivered by Feed43 service

Comments are closed.