今月(10月)27日にマカオ・コタイ地区に開業を予定してい…

 今月(10月)27日にマカオ・コタイ地区に開業を予定している大型IR「スタジオシティ」のゲーミング(カジノ)テーブル認可数が250台であることがわかった。
 マカオ政府経済財政庁のライオネル・リョン(梁維特)長官は同日午後、地元メディアの取材に対し、スタジオシティに対して250台の新規ゲーミングテーブル配分認可を行うとコメント。200台が開幕時、50台は来年(2016年)1月1日付けでの認可とのこと。さらに、スタジオシティがジャンケットと呼ばれる仲介業者を入れず、VIPルーム業務を行わないことも明らかにした。マカオのカジノ施設でVIPルームを全く設置しないことは異例となる。
マカオの新IRスタジオシティはVIPルームなし、カジノテーブル認可数250台=マカオ経済財政庁長官明かす
スタジオシティのカジノフロア(資料)=2015年8月、工事中の現場にて撮影
 また、今年5月に第2期拡張オープン済みのギャラクシーマカオに対しても100台の追加配分を行うとのこと。こちらは半分を即日、残る半分は来年1月1日付での認可とのこと。オープン時に150台の認可を得ていることから、今回の追加によって合計250台となり、スタジオシティと肩を並べる。
 マカオでは、カジノフロアに設置するゲーミングテーブル台数がカジノ監理当局による認可制となっている。最新データによると、今年(2015年)第2四半期末時点のマカオのゲーミングテーブル数は5814台。なお、マカオ政府は2013年から10年間、毎年平均のカジノテーブル台数の増加率を3%以内とし、認可にあたってノンゲーミング(非カジノ要素)に対する投資規模を審査基準とする原則を打ち出している。リョン長官は今回の2施設に対する新規配分数は原則に沿った上での判断であるとし、カジノ運営企業に対して地元中小企業へのサポート、家族で楽しめるレジャー要素のさらなる拡充を希望すると付け加えた。

No Comments Yet.

Leave a reply

You must be Logged in to post a comment.