オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史的背景を ご存じでしょうか?

というか、「知しらない」という人の方が ほとんどだと思いますので、ちょっとここで オンラインカジノの歴史についてを 触れてみたいと思います。

オンラインカジノが登場したのは1995年と言われています。

今から約20年前です。

競馬は1540年頃から、パチンコは1930年頃から始まったと言われているので、 他のギャンブルと比較すると、歴史はまだまだ浅いと言えるでしょう。

しかし、世界的には、プレイヤーが急激に増加し続けており、 その数はなんと3000万人以上とも言われています。

日本では現在50万人以上のプレイヤーがいると言われています。 (実数値はわかりませんが・・・)

オンラインカジノの歴史上、悪徳業者と呼ばれるような、 (例えば勝っても、資金が支払われないとか・・・)

そんなオンラインカジノの存在もかつてはありましたが、 今はそのようなオンラインカジノはほぼ淘汰され、

まっとうなオンラインカジノしか残っていません。

というよりも、「生き残れない」というのが正解でしょう。

プレイヤーの急激な増加に伴い、 社会的影響力もあるオンラインカジノは、 安心してプレイできることが第一条件なのです。

運営会社のなかでも上場している企業も 数多く存在しているのも非常に安心出来るポイントですね。

オンラインカジノの歴史でも初め頃には、 日本語対応のオンラインカジノはほとんどありませんでした。

しかし、日本にインターネットが普及し、 オンラインカジノのプレイヤーが急増したことで、

オンラインカジノの日本語化が一気に進められました。 そのため現在ではほとんどの大手のオンラインカジノを 英語ではなく日本語のみで利用する事が出来ます。

また、日本でブレイクしたきっかけとしては、

日本人女性が6000万円の賞金を獲得したり、 1億円賞金獲得者が現れた背景があり、

一気に男女問わずプレイヤーが増加しています。

このようにオンラインカジノの歴史を見てみると、 近年、一気に伸びてきている事が見て取れると思います。

また、オンラインカジノプレイヤーが増加している事の裏付けとしては オンラインカジノが他のギャンブルに比べて、

実際に勝てるという事実が挙げられます。

それが、「ペイアウト率」です。

「ペイアウト率」とは、ギャンブルにおいて 「勝つ可能性の確率」を表すもので、プレイヤーが 賭けた金額のうち何%を還元しているかの割合になります。

例と挙げて比較をしてみると、

宝くじ     :40% 競馬      :75% パチンコ    :80% オンラインカジノ:95%

このように、一目瞭然です。

「ペイアウト率」とは「還元率」とも呼ばれます。

単純に、1万円を使った時に、 期待値として、「9500円」という金額が、

オンラインカジノでは還元されるという計算です。

なので、歴史ある日本のどの公営ギャンブルと比較してみても、 実はオンラインカジノは勝ちやすいギャンブルであり、

また還元の期待値も高いので、結果として長く遊べる というメリットも兼ね揃えているのが特徴です。

 

Comments are closed.