パラダイスカジノ・ウォーカーヒル

歴史あるパラダイスカジノ・ウォーカーヒルでドキドキのゲームを

韓国に来たのだから、ショッピングやグルメを堪能するのはもちろんのこと、日本では味わえないカジノの魅力を体験して帰ろうという人も多いはず。今回ご紹介する「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」は、ソウル東部に位置する外国人専用カジノです。1968年にオープンした由緒あるカジノで、パラダイスグループが運営しています。
地下鉄5号線クァンナル駅と2号線江辺(カンビョン)駅から、無料シャトルバスまたはタクシーで約5~10分の距離に位置する「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」。洗練された雰囲気で人気の特級ホテル「シェラトングランデウォーカーヒル」の地下1階に位置しています。ホテル内には、免税店もあるためショッピングの合間に立ち寄ることもできます。

高級感あふれるフロア
赤いバラをポイントとした高級感あふれる内装が特徴の「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」。店内は約1万個の照明で飾られており、様々な色に変化する天井照明も。約750坪の広いフロアには、バカラ・ブラックジャック・ルーレット・スロットマシンといったゲーム台が数百台並んでいます。世界トップクラスのサービスを目指す「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」では、従業員の教育に力をいれており、ディーラーなどのスタッフの多くは日本語をはじめとした多言語が可能です。

カジノ利用をする前に
初めて利用する人は、年齢や服装などの入場制限に注意しましょう。カジノは外国人専用(外国に永住権を持つ在外韓国人は入場可)で、満19歳未満は入場できません。入場の際はパスポートのチェックが行われるので、忘れずに持参しましょう(パスポートはコピー不可、原本が必要)。ドレスコードは特にありませんが、半ズボン・帽子・スリッパ・サングラスなど極端にラフな服装は入場を断られることもあるためご注意ください。また、安全性確保とスムーズなゲーム進行のために、電気製品・飲食物・大きな荷物などの持ち込みは禁止されています。こうした携帯品は、入場前に案内デスクで物品保管票と引き換えに預けましょう。
※外国に永住権を持つ在外韓国人は、タイプ欄に「PR」と記載されたパスポートとともに居住国の外国人登録証(原本、コピーは不可)も必要です。

Comments are closed.