カジノの超VIP顧客向けのサービスとは?

ラスベガスなどのカジノで慣習的に行われている超VIP向けサービスとは、具体的にどのようなものなのでしょうか? 『日本カジノ戦略』(新潮社)の著者であり、複数の大手ラスベガス・カジノ日本部門にてカジノ・エクゼクティブホスト、ディレクター、日本支社長を歴任した中條辰哉氏にお話を伺いました。

―中條さんはラスベガスのカジノで「カジノVIP日本部門のディレクター兼日本支社長」として勤務されていたそうですが、具体的にどのような仕事をする職業なのですか?

「カジノホストなどのマーケティング部門は、カジノの超VIPのお客様だけを相手に営業し、カジノとの条件交渉から現地滞在中まで全てをサポートする仕事です。カジノの外商+コンシェルジュと言えばわかりやすいでしょうか。ラスベガスのカジノには各国のカジノホストがいて、それぞれの国の顧客を送り込んで、お客様のお世話をします。私は15年間ラスベガスに勤務して、2004年に日本に戻ってきました。カジノホストの他に、スロットをするお客様だけに対応するスロットホストや、カジノホストの下には超VIP顧客だけのお世話をするバトラーもいます。」

―超VIPの方で、一度に最も儲けた方の額はどの程度なのでしょうか?

「私が知っている範囲では、数億円のカジノ資金でスタートして30億円以上儲けた人ですね。カジノにはお金を預けられるシステムがありますので、超VIPの方たちは何千万円とか1億円とかを預けて、そこから引き出したお金でギャンブルをします。でも、もちろん30億円儲けるような人はなかなかいません。カジノ側もギャンブルをしたくないですから、賭け金には最低金額や上限があります。モナコ、マカオは賭け金の幅が広いことで知られています。」

オンラインカジノにも億単位で当たるジャックポットシステムがあります。

参考記事
http://media.yucasee.jp/posts/index/1858/2

Comments are closed.