オンラインカジノの海外事情について質問です。

【質問】
オンラインカジノの海外事情について質問です。
・ライセンス
・ソフトウェア
・運営体制(政府とか第三者機関?)
・海外で人気のオンラインカジノとか大規模なオンラインカジノ

など、一応自分でもオンラインカジノの海外事情は調べましたが、
いろいろありすぎてよくわかりませんでした。

なので、詳しく解説しているサイトなどあれば教えてください。
もしここで簡単に説明できるなら、ぜひそれぞれについて解説をお願いします。
これ以外の海外事情もあれば教えて下さい。
とりあえずオンラインカジノの海外事情が知りたいです。

【回答】
・ライセンス
まず、オンラインカジノは運営が合法化されている国から営業ライセンスを発行されないと始めることが出来ません。ライセンスの取得には費用と様々な政府の審査が必要になり、取得後も定期的に第三者機関からのチェックが入ります。これによって詐欺などを目論む悪質なオンラインカジノは、正規のライセンスを取得することが出来ないんですね。ただし、コスタリカなど一部の国は、お金だけ払えばすぐに認可するという話があり、
国によってはライセンスの信用度がイマイチなところもあることは注意したほうがいいです。日本で人気なオンラインカジノは、キュラソー政府やジブラルタル政府のものが多いのでこの辺りから選べば問題はないはず。

・ソフトウェア(オンラインカジノゲーミング)
オンラインカジノの各ゲームは、基本的に外部のソフトウェアメーカーから用意されています。こちらも採用にはライセンスと同じように費用と審査が必要になるため、モノによって信頼度が変わってきます。日本ではプレイテックを筆頭に、マイクロゲーミングやクリプトロジック、マイクロゲーミングが有力なソフトウェアとされていますね。

・運営体制
インターネットギャンブルであるオンラインカジノは公平性が命です。そのため、オンラインカジノと客の二者間だけでなく、「eCOGRA(イーコグラ)」というオンラインカジノの独立監視機関が公平性をチェックしています。このチェックは「フォローアップレビュー」という名称で定期的に行われています。カジノゲームはインチキ・詐欺行為の判断が個人ではつきづらいので、こういった機関の存在は非常にありがたいところです(^_^;)

・海外事情
海外事情は私もそれほど詳しいわけではありませんが、イギリス・イタリアなどの一部の国は日本以上にオンラインカジノが流行っており、ハマリすぎてギャンブル中毒になってしまっている人も多いとか…海外では32Rdeカジノという最大手オンラインカジノや、ウィリアムヒルなどのブックメーカーもあるオンラインカジノが人気なようですね。

Comments are closed.